旦那と死別した未亡人のために ~生活情報編

旦那を亡くして生きることが困難になった未亡人を支援する情報を紹介するブログです。

ここは、ホームページ「死別の悲しみの癒しの広場」のサブコンテンツの一つです。 このページは旦那を亡くした女性が、実生活で生きていく困難に立ち向かうための情報に特化しています。 法律・制度、経済・金銭、育児・教育面など、リアルに役立つ情報を提供していきます。

子どもがいじめられたときの対処方法 ~合法的かつ効果的にいじめ問題を解決してくれる相談先

子どもの世界は、些細なきっかけでいじめが始まったりします。
いったんいじめの標的になってしまうと、子どもは大変なストレスを抱えた日々を過ごすことになります。

子どもがいじめられた場合、まず担任の先生を含めた学校側に相談して味方になってもらうことが必要です。

しかし、担任の先生や学校側が協力的でなかったり、責任感がなかったり、いじめを解決する能力に欠けていたりする場合も往々にしてあります。なかなか動いてくれなかったり、ふざけあっているだけだと言い訳して、見て見ぬふりをすることさえあります。

父親がガツンと言ってくれれば、と悲しく思ってしまうこともあると思います。

ijime

そんなときに、合法的かつ効果的にいじめ問題を解決してくれる相談先があります。
法務省の人権擁護機関です。機関として強制力は持っていないのですが、信じられないくらい強烈に効くそうです。

法務省 人権擁護局 「人権侵害を受けた方へ」
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_chousa.html

最初の実例には、通学する小学校でいじめを受けている女子児童からの相談が挙げられています。

法務省の人権擁護機関では、「人権を侵害された」という被害者からの申出を受けて救済手続を開始してくれます。窓口、電話、インターネットで人権救済を申告できます(英語・中国語でもOK)。

申告があれば、職員または人権擁護委員(約14,000人が全国の全ての市町村(区)に配置されています)が必要に応じて調査を行い、救済措置をとってくれます。

  ▼措置一覧
   援助・・・・・・・・関係機関への紹介,法律上の助言等を行います。
   調整・・・・・・・・当事者間の関係調整を行います。
   説示・勧告・・・人権侵害を行った者に対して改善を求めます。
   要請・・・・・・・・実効的対応ができる者に対し,必要な措置をとるよう求めます。
   通告・・・・・・・・関係行政機関に情報提供し,措置の発動を求めます。
   告発・・・・・・・・刑事訴訟法の規定により,告発を行います。
   啓発・・・・・・・・事件の関係者や地域に対し,人権尊重に対する理解を
             深めるための働きかけを行います。

事後には、相談者に対し,事案の調査や処理の結果を連絡してもらえ、手続終了後も,必要に応じて適切な対応を行ってくれるそうです。

夏休み明けに、学校に行きたくないと自殺をしてしまう子どもたちがいます。

それでなくても、死別で深い傷を抱え、父親と会いたいと痛切に思っているのですから、一日の大半をすごす学校生活でいじめに遭っていないか気を配ってあげてください。


[補足]
いじめ以外にも、人権侵害として、体罰、虐待、セクハラ・パワハラ、DV、差別、プライバシー侵害、誹謗、中傷なども相談・救済してもらえます。

シングルマザーのためのNPO法人 ~リトルワンズ

シングルマザーのために活動するNPO法人の一つ、「リトルワンズ」の紹介です。

「リトルワンズ」
http://www.npolittleones.com/

地域社会の子育て、企業連携、多世代交流を通じた、ひとり親の生活アップサポートと、日本の子どもの貧困問題の啓発と解決を行うことを目的としたNPOです。

シングルママの自立をサポートし、イベントやセミナーお茶会で社会的・情報的な孤立を防ぐ活動をしています。
waiwai
リトルワンズはひとり親家庭の物件探しから入居まで支援する活動をしています。
2011年の国土交通省の空き家対策のモデル事業として東京都豊島区の空き家に、年収に応じて減額した家賃で母子家庭が暮らせる仕組みを構築し、ほかの地域でも、自治体と協力して、さまざまな工夫をしながら、支援モデルを構築していっています。

シングルマザーと子どもたちが健やかに生きられる社会を目指して活動している団体です。

望まない妊娠をしてしまった場合の相談窓口 ~信頼できる第三者に相談しましょう

旦那と死別したあと、極限の寂しさの中、親身になって慰めてくれる異性が現れたときに、ふと心を許してしまうことは、よくある話です。うらぶれた思いを抱えながら独りで生きている中、新しい恋が一筋の光のように思えてしまうのです。

それが、新しい幸せにつながれば何の問題もないのですが、妊娠がわかったあとに、相手が最初から再婚を考えていないことがわかったり、相手の男性が思っていた性格と違っていたりすることがあります。

安定した結婚生活を長く続けた女性の場合、避妊の概念が希薄なことも悲劇を招きがちです。

pregnant

こうして、望まない妊娠をしてしまうことがあります。
女性は失意の中、自分の人生と、赤ちゃんの人生に関して重大な選択を下さないといけなくなります。

まず、信頼できる第三者に相談しましょう。さまざまな相談窓口があります。
専門家ならこれまでの事例から、役に立つ情報を与えてくれるはずです。


月のこどもたち
~望まない妊娠、或いは予定外の妊娠や、妊娠後に事情が変わって、どうしたらいいのかわからず、誰に相談することもできずに、たった独りで悩んでいる女性に、できる限りの情報を提供するために開設されたサイト。
http://children.nemachinotsuki.com

全国の妊娠SOS相談窓口
~日本財団ハッピーゆりかごプロジェクトのサイトの一ページです。ハッピーゆりかごプロジェクトは、なんらかの事情で産みの親が育てることのできない子どもたちが、特別養子縁組によりあたたかく愛情のある家庭で育つことのできる社会を目指しています。
http://happy-yurikago.net/sosmadoguchi/

どうか、相手の男性の意見だけに左右されてしまい、のちのちまで後悔することのないようにしてくださいね。

最新コメント
  • ライブドアブログ