「子ども食堂」とは

  おなかをすかせた子どもや、孤食の子どもに無料や安価で食事を提供する
  民間の取り組み。子どもが一人でも入れる「食堂」だが、親や地域の大人も
  対象にしている場合もある。


朝日新聞によると、いま全国に「子ども食堂」の開設が増えているそうです。全国に300か所、半数が無料で食事を提供しているとのこと。

139397

「子ども食堂」一覧(朝日新聞へのリンク)
http://www.asahi.com/topics/word/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E9%A3%9F%E5%A0%82.html


[補足]
例えば、「子ども食堂 横浜」と地名を足して検索すると、簡単に身近な「子ども食堂」を調べられます。

[補足]
検索するときに「子供食堂」ではなく、「子ども食堂」で調べてください。マスコミの用語では「子供」という用語はあまり使われないのです。「子供」は差別的な印象があると使用を敬遠されてきたためです。ただ、2013年に文科省が差別的な用語ではないと宣言したため、役所では使用されるようになってきています。