旦那と死別した未亡人のために ~生活情報編

旦那を亡くして生きることが困難になった未亡人を支援する情報を紹介するブログです。

ここは、ホームページ「死別の悲しみの癒しの広場」のサブコンテンツの一つです。 このページは旦那を亡くした女性が、実生活で生きていく困難に立ち向かうための情報に特化しています。 法律・制度、経済・金銭、育児・教育面など、リアルに役立つ情報を提供していきます。

人間関係に関する情報

子どもに手を上げてしまいそうなときには ~虐待をしないための親の相談窓口

日本では、「1週間に1人」のペースで、子どもが虐待死で命を落としています(心中以外)。

「オレンジリボン運動」は、子ども虐待をなくすことを目指した市民運動です。さまざまな活動をしており、子育てに悩んでいる人のための相談窓口も次のページにまとめられています。
orangeribbon
オレンジリボン運動 相談窓口

http://www.orangeribbon.jp/counter/


子ども、特に生後間もない赤ちゃんの世話は、24時間、母親ひとりに負担が掛かることが多く、肉体的に精神的にもとてもつらい行為です。生後、一年間きちんと眠れなかったという母親もいます。そんな生活をしていたら、ストレスが溜まって当然です。

子どもは何をしでかすかわかりません。いつ体調を崩すかわかりません。イヤイヤと泣いたり喚いたり、ワガママ放題でこちらの思うように動いてくれません。
泣きたいのはこちらだと思うこともあるでしょう。

子育ては、つらいものです。過酷なものです。

世間的には母親が育児をこなして当たり前という風潮がまだあって、育児のつらさを理解してもらえないことも多々あります。育児の重責とストレスを誰からも理解されないまま、ひとりで苦しみ、悩んでいる母親は本当に多いと思います。

世間の理想的な母親像にしばられて自分はダメな母親と思う必要はありません。

つらいときには相談しましょう。思わず子どもを叩いてしまいそうになったとき、誰かに自分の気持ちを話すことで、気持ちがラクになることもあると思います。

自分を支えてくれる社会の仕組みを利用して、つらい時期を乗り越えていきましょう。 

シングルマザーのためのNPO法人 ~リトルワンズ

シングルマザーのために活動するNPO法人の一つ、「リトルワンズ」の紹介です。

「リトルワンズ」
http://www.npolittleones.com/

地域社会の子育て、企業連携、多世代交流を通じた、ひとり親の生活アップサポートと、日本の子どもの貧困問題の啓発と解決を行うことを目的としたNPOです。

シングルママの自立をサポートし、イベントやセミナーお茶会で社会的・情報的な孤立を防ぐ活動をしています。
waiwai
リトルワンズはひとり親家庭の物件探しから入居まで支援する活動をしています。
2011年の国土交通省の空き家対策のモデル事業として東京都豊島区の空き家に、年収に応じて減額した家賃で母子家庭が暮らせる仕組みを構築し、ほかの地域でも、自治体と協力して、さまざまな工夫をしながら、支援モデルを構築していっています。

シングルマザーと子どもたちが健やかに生きられる社会を目指して活動している団体です。

望まない妊娠をしてしまった場合の相談窓口 ~信頼できる第三者に相談しましょう

旦那と死別したあと、極限の寂しさの中、親身になって慰めてくれる異性が現れたときに、ふと心を許してしまうことは、よくある話です。うらぶれた思いを抱えながら独りで生きている中、新しい恋が一筋の光のように思えてしまうのです。

それが、新しい幸せにつながれば何の問題もないのですが、妊娠がわかったあとに、相手が最初から再婚を考えていないことがわかったり、相手の男性が思っていた性格と違っていたりすることがあります。

安定した結婚生活を長く続けた女性の場合、避妊の概念が希薄なことも悲劇を招きがちです。

pregnant

こうして、望まない妊娠をしてしまうことがあります。
女性は失意の中、自分の人生と、赤ちゃんの人生に関して重大な選択を下さないといけなくなります。

まず、信頼できる第三者に相談しましょう。さまざまな相談窓口があります。
専門家ならこれまでの事例から、役に立つ情報を与えてくれるはずです。


月のこどもたち
~望まない妊娠、或いは予定外の妊娠や、妊娠後に事情が変わって、どうしたらいいのかわからず、誰に相談することもできずに、たった独りで悩んでいる女性に、できる限りの情報を提供するために開設されたサイト。
http://children.nemachinotsuki.com

全国の妊娠SOS相談窓口
~日本財団ハッピーゆりかごプロジェクトのサイトの一ページです。ハッピーゆりかごプロジェクトは、なんらかの事情で産みの親が育てることのできない子どもたちが、特別養子縁組によりあたたかく愛情のある家庭で育つことのできる社会を目指しています。
http://happy-yurikago.net/sosmadoguchi/

どうか、相手の男性の意見だけに左右されてしまい、のちのちまで後悔することのないようにしてくださいね。

子どもとの関係で傷ついたときに聴く曲 ~KOKIAの「single mother」

今回は生活情報ではなく、KOKIAの「single mother」という作品のご紹介です。

シングルマザーは、普段、あらゆるものを犠牲にしてでも、普通の生活を守るために一人で頑張っていると思います。
子どもを守るためなら、どんなつらい出来事でも我慢して、耐える覚悟はできているに違いありません。



でも、ときに、子どもの言葉で傷ついてしまうこともあると思います。身内に理解されない深い悲しみに涙することもあるかも知れません。
子どもが反抗期になれば、悩みも増えることでしょう。

この曲は、シングルマザーの親を持った子どもの立場から唄われた曲です。

子どもに与えた愛は、必ず大きな実りとして、結実すると思います。
子どもとの関係で、つらいときには、この曲を聴いて、未来を信じて乗り越えていってほしいと思います。



ママ友も見つけられる ~無料で使える地域掲示板「ジモティー」の紹介

ジモティー「ジモティー」とは、地域別にさまざまな募集が掲載されている掲示板サイトです。

トップページには、無料で譲りますという物の写真がたくさん並んでいます。
確かに、自分の生活の中でも、引越しで不用品が発生したり、新品を買って不要品ができて、捨てるにはもったいないから、誰かに譲りたいということはありますものね。無料の品物が並んでいても不思議ではありません。

投稿は無料(目立たせるオプションのみ有料)で、手数料なども掛かりません
個人でもメールアドレスで簡単に会員登録できます(取引相手には開示されない)。品物の価格は自分で自由に決められ、話がまとまったら、相手と直接会って受け渡しするのが基本スタイルです。フリーマーケットの電子版みたいな感じですね。

PC向けサイト

http://jmty.jp/

iPhone向けアプリのダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/yuanno-jie-shi-ban-jimoti/id581838289?mt=8

Android向けアプリのダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.jmty.app2

「売ります・あげます」のほか、次のような多種多様な掲示板もあります。

「中古車」、「里親募集」、「メンバー募集」、「譲って・助けて」、「アルバイト」、「正社員」、「教室・スクール」、「不動産」、「イベント」、「地元のお店」

中には、「ママ友」募集掲示板もあります。地域でママ友を見つけられますね。(*゚▽゚*)(*´∇`*)
member
シェアハウスの相手を募集している掲示板もありますよ。広い家に独りになってしまい、寂しいという場合は、部屋を貸せば、経済的にもラクになるかも知れません。

sharehouse
すでにある掲示を眺めるだけでもいろいろな発見があって楽しいのですが、さらに、自分が求めているもの・ひとを募集するための掲示をすれば、さらに生活の可能性が広がると思います。

中原 憬
All Rights Reserved. Copyright(C) 2015, 2016, Kei Nakahara

最新記事
最新コメント
  • ライブドアブログ